全国セミナー・実習 一覧表  平成30年7月19日更新

10月からの腹部超音波実習6回シリーズ

目的  腹部超音波機器を使いこなせるようになり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎、膀胱、卵巣、前立腺、腰下リンパ節、胃腸、膵臓、その他のリンパ節が描出できるようになることを目的としています。この目的を達成するため、2台の機械に6名の先生で研修を行います。3名づつで行うことにより、保定中にプローブの位置と方向がどのような画像を作り出すかを学ぶことができます。それを術者になった際に実行できれば、上達は早いです。

内容  第一回目 各臓器の描出法(実習)、第二回目 肝臓と脾臓の超音波検査法(講義と実習)、第三回目 腎臓と副腎の超音波検査法(講義と実習)、第四回目 膀胱と前立腺の超音波検査法(講義と実習)、第五回目 胃腸と膵臓の超音波検査法(講義と実習)、第六回目 眼、甲状腺、腱の超音波検査法(講義と実習)修了試験(筆記と実技)  参加申し込み条件:小動物臨床経験1年以上。勤務病院長からの推薦状か他の獣医師からの保証書。6回シリーズでは、6回すべてに出席していただきます。途中で、辞められた場合も、6回分の受講料をお支払いいただきますので、ご了解ください。


 

静岡地域画像診断夜間セミナー NEW!!!  静岡県静岡市葵区人宿町2丁目6−10 SOZOSYAビル2F お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをお使いください。

7月 会場が確保できないため、7月はお休みになります。

8月31日(金)予定
 21:00-22:30 『胃腸器の画像診断:レントゲンからCTまで』

 嘔吐や下痢は日常茶飯事に私たちが見る症状です。その際に、即座に手術をするかどうかは、腹部レントゲン検査でまず、閉塞所見があるかどうかを見極める必要があり、そのあと、腹部超音波検査に加えて、CT検査も非常に有効です。このセミナーでは、レントゲン所見の読み方を復習し、その後に続く、超音波所見とCT所見を復習します。

 22:30-23:00 『持ち込み症例検討会』 USBに.dcmファイルを入れてきてください。

参加費用:事前登録締切 8月29日(水) 5,000円(消費税、ノート代込み) 獣医大学学部生、毎回3,000円(消費税、ノート代込み 

当日登録 全員 8,000円(消費税込、ノートなし) 事前登録後にキャンセルの場合、事前に宮林(090)5932-1560まで、必ず、ご連絡をください。こちらのサイトからお申込みください。

 

大阪地域画像診断夜間セミナー 藤井寺動物病院セミナールーム 藤井寺市小山1丁目2-37 お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをお使いください。

8月1日(水)

 20:30-22:00 『レントゲン撮影実習』
  レントゲン画像の撮像法にはコツがあります。実際に病院のレントゲン装置を用いて、撮影実習を行います。

参加費用:事前登録締切 7月30日(月) 4,000円(消費税、ノート代込み) 獣医大学学部生、毎回2,000円(消費税、ノート代込み 

当日登録 全員 5,000円(消費税込、ノートなし) 事前登録後にキャンセルの場合、事前に宮林(090)5932-1560まで、必ず、ご連絡をください。こちらのサイトからお申込みください。